連載

囲碁・将棋スペシャル

将棋や囲碁の順位戦やタイトル戦をはじめ、奥深い世界のさまざまな話題をお届けします。

連載一覧

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 世界アマ代表決定戦 川口さん最年少V 「中韓欧に負けない成績を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
熱戦が繰り広げられた世界アマ選手権日本代表決定戦=東京・市ケ谷の日本棋院で
熱戦が繰り広げられた世界アマ選手権日本代表決定戦=東京・市ケ谷の日本棋院で

 <第40回世界アマ選手権日本代表決定戦決勝>

 囲碁・将棋チャンネル杯第40回世界アマチュア囲碁選手権日本代表決定戦が9月15、16の両日、東京・市ケ谷の日本棋院で打たれ、決勝は埼玉代表の川口飛翔(つばさ)さん(16)が、招待の江村棋弘さん(38)に190手で白番中押し勝ちして初優勝、史上最年少で代表に決まった。節目の記念大会は来年6月、松江市で開かれる。

 決定戦は県大会を勝ち上がった選手と、代表経験のある招待選手計60人がトーナメントで競った。近年、アマ大会でも若手の活躍が目立つ中、この大会は実績あるベテラン勢が気を吐く傾向だった。今回も江村さんや、前回代表の村上深さん(34)らが上位に進出し、川口さんも準々決勝で奈良代表の蔵元実さん(47)に苦戦した。しかし、最終的には審判長を務めた中小野田智己九段が「2日間で計6局を戦う体力、秒読みで乱れない…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1293文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集