メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

橋爪大三郎・評 『ヒトラーのモデルはアメリカだった 法システムによる「純血の追求」』

 ◆ジェイムズ・Q・ウィットマン著、西川美樹・訳

 (みすず書房・4104円)

負の感情がもたらす末路を警告

 ユダヤ人を迫害し強制収容所に追いやったナチスの悪名高い「ニュルンベルク法」は、アメリカの人種差別法を参考にしていた! 耳を疑う事実を検証する、画期的な業績だ。

 著者ウィットマンは、アメリカ人で比較法が専門。ニュルンベルク党大会を準備する、一九三四年六月の重要会議に注目した。司法大臣や党幹部が論争した議事録を読み解く。

 ヒトラーは『わが闘争』で、ユダヤ人排撃を声高に叫んでいた。三三年一月、他の右翼や保守派に推され、前…

この記事は有料記事です。

残り1185文字(全文1447文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです