メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『錬金術の秘密 再現実験と歴史学から解きあかされる「高貴なる技」』=L・M・プリンチーペ著

 ◆L・M・プリンチーペ著、ヒロ・ヒライ訳

 (勁草書房・4860円)

複雑な歴史を一望

 他の金属を金に変成するという「高貴なる技」、錬金術。謎めいた魅力を持つ錬金術は、絵画、演劇、マンガなど、数多くの創作物の源となってきた。その一方で、錬金術は荒唐(こうとう)無稽(むけい)な探求をした、非科学的な営みというレッテルも貼られている。本書は、錬金術を歴史の文脈に沿って解釈し直すことを通じて、その誤解を解いていく。

 錬金術は、化学実験の手法や器具を生みはしたが、妄想の産物であったと見なされる。著者は化学と錬金術を…

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1462文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです