メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『孤独の発明 または言語の政治学』=三浦雅士・著

 (講談社・3780円)

「俯瞰する眼」で批評の本質に迫る

 博覧強記の語りと批評的感性の力強さには圧倒された。文学評論の幅広い可能性を示すために、専門領域の境目をワープし、文体や修辞の工夫は憎いほど凝らされている。主題の反復や変奏を通して、言語や文学の境界を大きく超え、文字史、宗教史、思想史、ひいては文明史的な哲学思考になっている。

 批評精神とは何か。すべてはこの根本的な問いかけから始まっている。いうまでもないことだが、文芸批評の対象は文学であり、芸術である。だが、文芸のことを吟味するとき、言葉という問題は必然的に浮上する。そこで、言語の誕生にさかのぼって考えなければならない。冒頭から日本語の問題が語られるのはそのためである。とりわけチョムスキーの言語理論は著者にとって、文学批評という行為を考えるための、いわば思考の砥石(と…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文2006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです