特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・本と人

『やっかいな男』 著者・岩井秀人さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆岩井(いわい・ひでと)さん

 (東京ニュース通信社・1836円)

「小さい一般人の心意気」で

 ヒッキー、すなわち「引きこもり」の体験を基に書いた芝居「ヒッキー・カンクーントルネード」などで、現代演劇界に確固たる一角を占める劇作家・演出家、そして俳優である。

 <元々僕は、自分以外の人たちが、「生きている」って思ってなかったんですね>

 「まえがき」で明かすように、本書は自意識の強さを抱えた「やっかいな」自身との葛藤と創作の日々が、ゆるーいタッチながら鋭い視線でつづられる。2013年4月に始まった『TV Bros.』の連載コラムを中心にまとめられた。今年はちょうど、主宰する劇団「ハイバイ」の結成15年というタイミングも重なった。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文930文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集