メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 第1日 2020の主役たち躍動

開会式で打ち上がる花火=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年10月6日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】過去最多の43カ国・地域から約3000人の選手が参加するアジアパラ大会は6日、インドネシアの首都・ジャカルタで開幕した。2020年東京パラリンピックの前哨戦となる総合大会は、「アジアの感動を呼ぶ精神と活力」をスローガンに掲げ、13日までの8日間で18競技、500種目以上を行う。

 ジャカルタ市内のブンカルノ競技場であった開会式では、競泳や卓球で合同チームを結成する韓国と北朝鮮が…

この記事は有料記事です。

残り1932文字(全文2133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです