メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ジャパンOP 日本2年ぶりV

演技を披露する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナで2018年10月6日、宮武祐希撮影

 フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本、欧州、北米の3地域対抗戦としてさいたまスーパーアリーナで行われ、男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、プロスケーターの織田信成さん、女子の宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)で挑んだ日本は、総合得点621・91点で、2年ぶり9度目の優勝を果たした。

 大会は1チーム4人(男女各2人)の混合団体戦で、フリーの合計点で争う。宇野は4回転ジャンプでミスが出たものの、186・69点で男子6選手中1位。4-3回転の連続ジャンプを決めた織田さんが、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、ネーサン・チェン(米国)を抑えて176・95点で2位。女子は坂本が130・28点で6選手中2位、宮原が127・99点で3位。五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が159・18点でトップだった。

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです