メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

F1 日本GP 鈴鹿開催30回目 ハミルトンPP

ポールポジションを獲得したメルセデスのルイス・ハミルトン=三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで2018年10月6日、大西岳彦撮影

 自動車のF1世界選手権第17戦、日本グランプリ(GP)は6日、三重・鈴鹿サーキット(1周5・807キロ)で公式予選を行い、総合優勝争いで首位を走るメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が1分27秒760で今季8度目のポールポジション(PP)を獲得した。2位はバルテリ・ボッタス(フィンランド)で、メルセデス勢が1、2位を独占した。鈴鹿での日本GP開催は30回目。決勝は7日午後2時10分開始。

 20台が出走し、トロロッソ・ホンダ勢はブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)が6位、ピエール・ガスリー(フランス)が7位と好位置につけた。

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ドコモ、携帯料金を値下げへ 主力ブランドで大手初、「格安」も新設

  3. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 宿泊療養39人分の個人情報流出 山口県 メール誤送信、あて先不明 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです