メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

F1 日本GP 鈴鹿開催30回目 ハミルトンPP

ポールポジションを獲得したメルセデスのルイス・ハミルトン=三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで2018年10月6日、大西岳彦撮影

 自動車のF1世界選手権第17戦、日本グランプリ(GP)は6日、三重・鈴鹿サーキット(1周5・807キロ)で公式予選を行い、総合優勝争いで首位を走るメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が1分27秒760で今季8度目のポールポジション(PP)を獲得した。2位はバルテリ・ボッタス(フィンランド)で、メルセデス勢が1、2位を独占した。鈴鹿での日本GP開催は30回目。決勝は7日午後2時10分開始。

 20台が出走し、トロロッソ・ホンダ勢はブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)が6位、ピエール・…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです