メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・築地市場

人生そのもの 仲卸「60年」共に引退

6日を最後に店の番頭を退いた大塚剛さん

 江戸の活気や人情を感じさせる特別な場所。そんな築地市場が6日、83年の歴史を終えた。市場で商売をしてきた人、縁の下で支えてきた人、最後を見届けたい人……。築地を愛し、別れを惜しむ人たちが、思い思いに感謝の言葉を口にした。【市川明代】

 「江戸前ずしの代表格、コハダがなんてったって一番面白かったよ」。60年以上勤めた仲卸「かね七水産」を6日限りで辞めた番頭の大塚剛さん(78)は目を細めた。「天気が悪いといなくなっちまう。相場は上がったり下がったり。安く買って高く売れた時は最高にうれしかったねえ」

 千葉・浦安生まれ。中学を出て魚河岸に入った。「あの頃は、浦安の人間が働くといえば築地が当たり前。そ…

この記事は有料記事です。

残り2204文字(全文2503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです