メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・築地市場

人生そのもの 仲卸「60年」共に引退

6日を最後に店の番頭を退いた大塚剛さん

 江戸の活気や人情を感じさせる特別な場所。そんな築地市場が6日、83年の歴史を終えた。市場で商売をしてきた人、縁の下で支えてきた人、最後を見届けたい人……。築地を愛し、別れを惜しむ人たちが、思い思いに感謝の言葉を口にした。【市川明代】

 「江戸前ずしの代表格、コハダがなんてったって一番面白かったよ」。60年以上勤めた仲卸「かね七水産」を6日限りで辞めた番頭の大塚剛さん(78)は目を細めた。「天気が悪いといなくなっちまう。相場は上がったり下がったり。安く買って高く売れた時は最高にうれしかったねえ」

 千葉・浦安生まれ。中学を出て魚河岸に入った。「あの頃は、浦安の人間が働くといえば築地が当たり前。そ…

この記事は有料記事です。

残り2204文字(全文2503文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです