メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・築地市場

人生そのもの 仲卸「60年」共に引退

6日を最後に店の番頭を退いた大塚剛さん

 江戸の活気や人情を感じさせる特別な場所。そんな築地市場が6日、83年の歴史を終えた。市場で商売をしてきた人、縁の下で支えてきた人、最後を見届けたい人……。築地を愛し、別れを惜しむ人たちが、思い思いに感謝の言葉を口にした。【市川明代】

 「江戸前ずしの代表格、コハダがなんてったって一番面白かったよ」。60年以上勤めた仲卸「かね七水産」を6日限りで辞めた番頭の大塚剛さん(78)は目を細めた。「天気が悪いといなくなっちまう。相場は上がったり下がったり。安く買って高く売れた時は最高にうれしかったねえ」

 千葉・浦安生まれ。中学を出て魚河岸に入った。「あの頃は、浦安の人間が働くといえば築地が当たり前。そ…

この記事は有料記事です。

残り2204文字(全文2503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. タイヤチェーン 大雪時に装着義務、今冬から13区間で 「夏タイヤ規制が先」の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです