メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

今年で開山1300年を迎える山梨県甲州市勝沼町の古刹…

ブドウを手に持った薬師如来=山梨県甲州市勝沼町で2018年10月6日、山本将克撮影

 今年で開山1300年を迎える山梨県甲州市勝沼町の古刹(こさつ)、大善寺で、5年に1度のご開帳が始まった。手のひらに1房のブドウを乗せた珍しい仏像が一般公開されている。14日まで。

 この仏像は国重要文化財の薬師如来像。大善寺の開祖・行基は「病を治す仏法の薬」としてブドウを広めたといわれており、一帯で…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです