メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

ジャパンOP 日本9度目V

 フィギュアスケートのジャパンオープンは6日、日本、欧州、北米の3地域対抗戦としてさいたまスーパーアリーナで行われ、男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、プロスケーターの織田信成さん、女子の宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)で挑んだ日本は、総合得点621・91点で、2年ぶり9度目の優勝を果たした。

 大会は1チーム4人(男女各2人)の混合団体戦で、フリーの合計点で争う。宇野は4回転ジャンプでミスが出たものの、186・69点で男子6選手中1位。4-3回転の連続ジャンプを決めた織田さんが、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、ネーサン・チェン(米国)を抑えて176・95点で2位。女子は坂本が130・28点で6選手中2位、宮原が127・99点で3位。五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシ…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです