メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <日曜カルチャー>

 日本の近代化に貢献した実業家・大倉喜八郎(1837~1928年)・喜七郎(1882~1963年)父子の収集した美術品の展示「オークラコレクション」が、九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開かれている。平安時代から近代までの日本美術を中心とする約110件(展示替えあり)で、国宝3件、重要文化財10件を含む。大倉父子の文化財保護と日本美術の世界発信への熱意が込められたものだ。

 喜八郎は現在の新潟県生まれ。江戸に出た後、戊辰(ぼしん)戦争の軍需品供給で富を築く。維新後は貿易業…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1153文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. 神戸市 日本初の「こうべ花時計」 最後の花の植え替え
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです