メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オークラコレクション展

日本美術の至宝 九博

 <日曜カルチャー>

 日本の近代化に貢献した実業家・大倉喜八郎(1837~1928年)・喜七郎(1882~1963年)父子の収集した美術品の展示「オークラコレクション」が、九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開かれている。平安時代から近代までの日本美術を中心とする約110件(展示替えあり)で、国宝3件、重要文化財10件を含む。大倉父子の文化財保護と日本美術の世界発信への熱意が込められたものだ。

 喜八郎は現在の新潟県生まれ。江戸に出た後、戊辰(ぼしん)戦争の軍需品供給で富を築く。維新後は貿易業…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1153文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです