メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オークラコレクション展

日本美術の至宝 九博

 <日曜カルチャー>

 日本の近代化に貢献した実業家・大倉喜八郎(1837~1928年)・喜七郎(1882~1963年)父子の収集した美術品の展示「オークラコレクション」が、九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開かれている。平安時代から近代までの日本美術を中心とする約110件(展示替えあり)で、国宝3件、重要文化財10件を含む。大倉父子の文化財保護と日本美術の世界発信への熱意が込められたものだ。

 喜八郎は現在の新潟県生まれ。江戸に出た後、戊辰(ぼしん)戦争の軍需品供給で富を築く。維新後は貿易業…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1153文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです