メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

沖縄知事選と内閣改造 「在庫一掃大膿出し」内閣?

松尾貴史さん作

 沖縄県知事選挙で、主だった野党が協力して推した玉城デニー氏が当選した。

 選挙期間中は、し烈な戦いが繰り広げられたようで、与党が推薦する候補には、小泉進次郎氏、この人が行って果たして応援になるのか微妙な菅義偉官房長官(この2人は3度ずつ沖縄入りしている)や小池百合子東京都知事、なぜか台風被害で対応が大変な最中の大阪から松井一郎府知事らが、大挙して応援に駆けつけた。資金力、締め付け、圧力などあらゆる手段を駆使して、汚れまくった戦術が横行した中、草の根的な支援の輪が広がった玉城氏に軍配が上がったことは、久々に清涼感のある現象だったのではないか。大接戦が予想されていたのに、蓋(ふた)を開けてみれば、一部の報道機関では「ゼロ打ち」と呼ばれる、投票締め切り時間の午後8時ちょうどに開票率0%で当選確実を報じたほどの大差がついた。39万あまりの得票は、沖縄県知事選で過去最多だという。

 選挙戦では心ないデマが拡散され続けた。匿名のネットユーザーのみならず、与党の国会議員までがそこに乗…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです