メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝統の味

草加せんべい 「世界の味」目指す

草加せんべいによる巨大モザイクの「モナリザ」と世界記録認定を祝う市民たち=埼玉県草加市で2018年9月30日、武田良敬撮影

 埼玉県草加市の地名や場所よりも有名なのが「草加せんべい」。中小のせんべい屋さんが伝統の味を守ってきた市のシンボルだが、いま「世界の味」を目指し、模索を始めている。商品競争や食文化の多様化を受けて消費は減り後継者難も目立つ中、関係者が一丸となって外国人旅行客や海外市場に活路を見いだそうという、その取り組みとは?【武田良敬】

 「やったー、世界一だ!」。先月30日、市立草加小学校の体育館に市民250人の歓声が響き、親子連れが…

この記事は有料記事です。

残り1337文字(全文1549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです