メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梶山古墳

壁画を公開 玄室に彩色した魚など

魚などが描かれた壁画を指し示す地元ガイドの男性=鳥取市国府町岡益で2018年10月6日、園部仁史撮影

 中国地方で初めて発見された彩色壁画として知られる鳥取市国府町岡益の国史跡「梶山古墳」の壁画が6日、一般公開された。来場者は地元ガイドの説明を受けながら、興味深そうに鑑賞していた。

     梶山古墳は飛鳥時代の7世紀初頭に造られた。壁画は同時期のものとみられ、遺体を収めた玄室の壁に魚(体長53センチ、幅22センチ)や、太陽と思われる円などが赤系統の色で描かれている。魚は「再生」を意味するサケや「立身出世」を表すコイだと伝えられ、死生観がみてとれる。

     劣化を防ぐため普段は非公開だが、毎年秋に数日だけ公開。訪れた大阪府堺市の自営業、倉田治彦さん(66)は「当時の人の思いが感じられ、好きな絵です」と話していた。【園部仁史】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
    3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
    4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
    5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです