メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

梶山古墳

壁画を公開 玄室に彩色した魚など

魚などが描かれた壁画を指し示す地元ガイドの男性=鳥取市国府町岡益で2018年10月6日、園部仁史撮影

 中国地方で初めて発見された彩色壁画として知られる鳥取市国府町岡益の国史跡「梶山古墳」の壁画が6日、一般公開された。来場者は地元ガイドの説明を受けながら、興味深そうに鑑賞していた。

 梶山古墳は飛鳥時代の7世紀初頭に造られた。壁画は同時期のものとみられ、遺体を収めた玄室の壁に魚(体長53センチ、幅22…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです