メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

性的暴力疑惑のカバノー氏 最高裁判事承認へ

ブレット・カバノー氏=米ワシントンで2018年9月5日、AP

 【ワシントン鈴木一生】トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名し、性的暴力疑惑が浮上した保守派のブレット・カバノー氏(53)の人事案を巡り、米上院は5日、審議を打ち切る動議を賛成多数で可決した。米メディアによると、6日に上院本会議で最終承認されることが確実になった。最高裁の定員は9人で現在は保守派とリベラル派が4人ずつ。判事は終身制で、カバノー氏が就任すれば最高裁の保守化がしばらく続くことになる。

 上院(定員100)は与党・共和党51議席、野党・民主党49議席(無所属を含む)。賛否を明確にしてい…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文746文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです