メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア地震

住民津波知らず被害拡大  

インドネシア・スラウェシ島中部で発生した大地震と津波で大きな被害を受けたパル市=2018年10月6日、AP

 【ジャカルタ武内彩】インドネシア・スラウェシ島中部で発生した大地震と津波で、最大被災地の一つ、パル市の海岸沿いの地域では、住民の津波に関する知識が不足していたことで、被害が拡大した可能性がある。過去に甚大な津波被害を受けてきたインドネシアだが、普段から備えを周知する必要性が改めて浮かび上がった。

 インドネシア当局は、9月28日午後6時2分に地震が発生した直後、テレビなどを通じて津波警報を出し、津波到達後の同6時36分に解除した。ただ、多くの住民は警報が出されたことを知らなかったと話し、地震による停電で住民に届かなかった可能性はある。

 こうした問題はあったにせよ、住民に話を聞くと、「津波という言葉すら知らなかった」との証言があるなど…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです