メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築地閉場

「コハダが一番」仲卸“60年”共に引退

6日を最後に店の番頭を退いた大塚剛さん

 江戸の活気や人情を感じさせる特別な場所。そんな築地市場が6日、83年の歴史を終えた。市場で商売をしてきた人、縁の下で支えてきた人、最後を見届けたい人……。築地を愛し、別れを惜しむ人たちが、思い思いに感謝の言葉を口にした。

 「江戸前ずしの代表格、コハダがなんてったって一番面白かったよ」。60年以上勤めた仲卸「かね七水産」を6日限りで辞めた番頭の大塚剛さん(78)は目を細めた。「天気が悪いといなくなっちまう。相場は上がったり下がったり。安く買って高く売れた時は最高にうれしかったねえ」

 千葉・浦安生まれ。中学を出て魚河岸に入った。「あの頃は、浦安の人間が働くといえば築地が当たり前。そ…

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです