メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
カネミ油症

検診による患者の認定率3.92%

 1968年10月に発覚した国内最大の食品公害「カネミ油症」で、被害者救済法が制定された2012年度から6年間に検診を受けた延べ918人のうち患者認定されたのは36人で、認定率は3.92%にとどまることが毎日新聞の取材で分かった。救済法が認定対象に加えた患者の同居家族は同期間で320人が認定されたが、通常の検診による認定率は依然として低迷していることが浮き彫りになった。カネミ油症は今月で発覚から50年を迎えたが、患者団体からは未認定患者救済のため認定基準の見直しを求める声が上がる。

 厚生労働省によると、12年度以降の6年間に通常の検診を受けて患者認定されたのは、毎年度2~16人で…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1249文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです