メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カネミ油症

検診による患者の認定率3.92%

 1968年10月に発覚した国内最大の食品公害「カネミ油症」で、被害者救済法が制定された2012年度から6年間に検診を受けた延べ918人のうち患者認定されたのは36人で、認定率は3.92%にとどまることが毎日新聞の取材で分かった。救済法が認定対象に加えた患者の同居家族は同期間で320人が認定されたが、通常の検診による認定率は依然として低迷していることが浮き彫りになった。カネミ油症は今月で発覚から50年を迎えたが、患者団体からは未認定患者救済のため認定基準の見直しを求める声が上がる。

 厚生労働省によると、12年度以降の6年間に通常の検診を受けて患者認定されたのは、毎年度2~16人で…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1249文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです