メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カネミ油症発覚50年

患者2世に症状 終わっていない

カネミ油症発覚50年を振り返る写真展で語り合う下田恵さん(左)と母順子さん=長崎市茂里町の長崎ブリックホールで2018年9月9日、浅野翔太郎撮影

 長崎県五島市の五島列島のほぼ中央に浮かぶ奈留島(なるしま)。室町時代には日明貿易に使われた遣明船の寄港地として栄え、隠れキリシタンが暮らした地としても知られる。この静かな島で1968年、カネミ倉庫(北九州市)製の米ぬか油を使った料理を食べた住民の体に吹き出物や色素沈着などの異常が相次いだ。原因は油に含まれた猛毒、ダイオキシンだった。

 現在は同県諫早市で暮らす下田順子さん(57)は奈留島生まれで当時小学1年だった。「健康と美容にいい…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1206文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです