メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

開幕 日本から過去最多300人

開会式で入場行進する日本選手団=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年10月6日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】過去最多の43カ国・地域から約3000人の選手が参加するアジアパラ大会は6日、インドネシアの首都・ジャカルタで開幕した。2020年東京パラリンピックの前哨戦となる総合大会は、「アジアの感動を呼ぶ精神と活力」をスローガンに掲げ、13日までの8日間で18競技、500種目以上を行う。

 ジャカルタ市内のブンカルノ競技場であった開会式では、競泳や卓球で合同チームを結成する韓国と北朝鮮が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです