メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

開幕 日本から過去最多300人

開会式で入場行進する日本選手団=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年10月6日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】過去最多の43カ国・地域から約3000人の選手が参加するアジアパラ大会は6日、インドネシアの首都・ジャカルタで開幕した。2020年東京パラリンピックの前哨戦となる総合大会は、「アジアの感動を呼ぶ精神と活力」をスローガンに掲げ、13日までの8日間で18競技、500種目以上を行う。

 ジャカルタ市内のブンカルノ競技場であった開会式では、競泳や卓球で合同チームを結成する韓国と北朝鮮がアジアパラでは初めて合同で入場行進した。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  5. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです