メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

開幕 日本から過去最多300人

開会式で入場行進する日本選手団=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年10月6日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】過去最多の43カ国・地域から約3000人の選手が参加するアジアパラ大会は6日、インドネシアの首都・ジャカルタで開幕した。2020年東京パラリンピックの前哨戦となる総合大会は、「アジアの感動を呼ぶ精神と活力」をスローガンに掲げ、13日までの8日間で18競技、500種目以上を行う。

 ジャカルタ市内のブンカルノ競技場であった開会式では、競泳や卓球で合同チームを結成する韓国と北朝鮮が…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです