メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

旗手の前川 脚失った人へのメッセージ

開会式で旗手を務める前川楓=インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で2018年10月6日、久保玲撮影

 【ジャカルタ成田有佳】6日に開幕したジャカルタ・アジアパラ大会の開会式で、11番目に登場した日本選手団の旗手を務めた陸上女子の前川楓(まえがわ・かえで)(20)=チームKAITEKI、切断などT63=は1歩ずつ軽やかに、笑顔で先導した。「義足で、こんなにきれいに歩けるんやと思ってほしい」との願いを胸に大役を果たした。

 津市出身の前川は中学3年だった2012年夏、交通事故で右大腿(だいたい)部から先を切断し、激痛とシ…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです