メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

胆振東部地震 なぜ札幌で震度6弱? /北海道

軟らかい地盤で揺れ増幅

 なるほドリ 北海道胆振東部地震で、札幌市でも東区は震度6弱と観測史上最大の揺れだったらしいね。震源にずっと近い苫小牧市や恵庭市でも震度5強だったのに、どうしてこんなに揺れたの?

 記者 今回震度6弱以上を記録したのは他に、厚真町(震度7)▽安平町、むかわ町(震度6強)▽日高町、平取町、新千歳空港(震度6弱)です。震央(震源真上の地表)から約90キロ離れた札幌市東区以外は、みな震央の周辺でした。

 震央に近いほど大きな地震になりやすいのは確かですが、同心円状に外側に向かって揺れが小さくなっていくとは限りません。それは、地盤の違いが影響するからです。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです