メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

ものづくり/10止 日東福島工場 福島県二本松市 理想のハンドル追求 東京五輪の金、夢見て

 気温30度を超える7月下旬、福島県二本松市安達ケ原6の工業団地にある工場で、従業員たちが黙々と流れ作業に汗を流していた。真っすぐなアルミのパイプを特殊な金型で曲げて美しくカーブさせ、ピカピカに磨いてゆく。瞬く間に競技用自転車のハンドルが出来上がった。世界で活躍するトップ選手も愛用し、この分野では国内シェア100%の自転車部品製造会社「日東」の福島工場だ。

 「強く、美しく、軽い。この理想を求めてこだわり続けているんです」。会社の白いポロシャツを着た3代目…

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです