メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長だより

FTAでしょ!?=横浜支局長・山本明彦 /神奈川

 政府が米国と物品貿易協定(TAG)交渉を始めることで合意した。首相は「包括的な自由貿易協定(FTA)とは異なる」と話すが、ごまかしだろう。「日米FTA交渉には入らない」としてきた説明とつじつまを合わせたつもりかもしれないが、逆に過去の通商政策の定義と食い違う結果を招いている。

 経済産業省のウェブサイトは、2国間の通商交渉について「関税の撤廃・削減を定めるFTAと、関税だけでなく知的財産の保護や投資ルールの整備などを含めたEPA(経済連携協定)」があると説明している。この定義によると、TAGはFTAそのものだ。

 そもそも、EPAを好んで使うのは日本くらい。国際的には、EPAもTAGも、FTAでひとくくりにする…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです