メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

日本けん玉協会と日本一輪車協会の公認指導員 永井多聞さん(44)=下諏訪町 /長野

継続の先に達成感

 日本けん玉協会(東京)と日本一輪車協会(同)の公認指導員資格を持ち、町スポーツ推進委員を務める。「子どもたちに体を動かすことの楽しさ、継続の先にある達成感を味わってほしい。笑顔が見たいんです。教えるのに必要だし、自分も楽しみたいから」と思っている。けん玉、一輪車は競技の面白さを伝えやすいといい、「自分が演じながら教えることで、子どもたちはどんどん成長する。集中力もつく。夢中になる子どもの姿を見たい」と指導にあたる。

 結婚して下諏訪町に住み始めた6年ほど前、町子どもの居場所推進事業に参加した。自分の子どもを楽しませ…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文845文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 火災 アパートで1人の遺体発見 東京・三鷹
  3. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 厚労省、「遺品なし」理由
  4. 辺野古移設「反対」67.6% 沖縄県民投票の世論調査
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです