メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ふでがき

日本けん玉協会と日本一輪車協会の公認指導員 永井多聞さん(44)=下諏訪町 /長野

継続の先に達成感

 日本けん玉協会(東京)と日本一輪車協会(同)の公認指導員資格を持ち、町スポーツ推進委員を務める。「子どもたちに体を動かすことの楽しさ、継続の先にある達成感を味わってほしい。笑顔が見たいんです。教えるのに必要だし、自分も楽しみたいから」と思っている。けん玉、一輪車は競技の面白さを伝えやすいといい、「自分が演じながら教えることで、子どもたちはどんどん成長する。集中力もつく。夢中になる子どもの姿を見たい」と指導にあたる。

 結婚して下諏訪町に住み始めた6年ほど前、町子どもの居場所推進事業に参加した。自分の子どもを楽しませ…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文845文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです