メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本中学校英語弁論大会

県大会 自分の存在意義語る 弁論の部2位 ブラジル出身、長浜市立西中2年・ヒラカワさん /滋賀

大きな仕草でスピーチするヒラカワ・ビクトリアさん=滋賀県彦根市の県立大交流センターで、大澤重人撮影

 高円宮杯第70回全日本中学校英語弁論大会の県大会が2日、彦根市の県立大交流センターであった。ブラジル出身の長浜市立西中2年、ヒラカワ・ビクトリアさん(13)が弁論の部で2位に入り、11月28、29日に東京都内で開かれる決勝予選大会への出場が決まった。

 県内5地区の予選を勝ち抜いた15人が出場し、制限時間5分以内のスピーチに挑んだ。

 ヒラカワさんは「My Place in the World(世界の中にある私の居場所)」と題し、日本で暮らすブラジル人としての自分の存在意義や抱負を語った。小学校でのいじめ体験にも触れ、涙ぐむ場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです