メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

ありのままの自分、堂々と 理解訴え 撮影イベントに50人 高松 /香川

撮影会で笑顔を見せる参加者=高松市サンポートの高松シンボルタワーで、潟見雄大撮影

 LGBTなどの性的少数者らが被写体になり、肖像写真を残すイベント「OUT IN JAPAN」が7日、高松市サンポートの高松シンボルタワーであった。撮影された写真はホームページに掲載し、性的少数者への支援や理解の向上を訴える。【潟見雄大】

 2015年に東京で始まり、これまでに全国で15回開催。約1400人が参加した。四国で開かれるのは今回が初めてで、この日は県内外から約50人が撮影会に臨んだ。撮影はシンガポール出身の写真家、レスリー・キーさんが務めた。

 同性パートナーの田中昭全(あきよし)さん(41)と参加した三豊市の川田有希さん(33)は、「性的少…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです