メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吃音の子どもを持つ親の座談会で、小学校の先生にどのように説明するかをロールプレイで考える参加者ら=長野県東御市で

 「吃音(きつおん)」のある子どもを持つ親の会が、全国に広がっている。接し方に悩む親たちが集い、親子で吃音という障害に向き合い始めた。

 ●悩み語り情報共有

 吃音のある人や支援者らでつくるNPO法人「全国言友会連絡協議会」理事で東京の保護者の会副代表の松本正美さん(47)によると、大阪や広島など数団体だった親の会は昨年から各地で増え、少なくとも計13団体になった。親同士が悩みを語り合い、支援を受けられる医療機関などの情報を共有する。

 松本さんは「吃音に対応する医療機関は少なく、正しい情報や相談先が分からず孤立する親も多い。親が正し…

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1610文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです