メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

教える楽しさ、喜び気付けた=振付師・akaneさん

 3歳のころに近所のスタジオでジャズダンスを始めました。物心ついた時にはダブルターンを回ってましたね。高校生で子どもたちに教えるようになり、大学進学で上京するまでずっと通っていました。ダンス漬けの毎日でした。

 スタジオでは2年に1度、習いに来ている全員が関わって一つの舞台を作っていました。衣装を替えて1人で何曲も踊って、照明や音響も工夫しました。そういう素地があったので、今もステージを演出する方に興味があるのかなと思います。

 小学校では、4年生からしかクラブ活動ができないのを知って、1年生のころから勝手にクラブを作りました。今思うと恥ずかしいのですが、自分の名前をつけた「アカネクラブ」。折り紙にメンバーの名前を書いて、鬼ごっこや忘年会もしました。空いている教室を借りて、友達が漫才している横で、当時流行していた「パラパラ」を友達に教えて遊んでいました。中学、高校でも友達から「ダンスを教えて」と言われて、振り付けやメーク…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです