メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シカゴ・マラソン

大迫、日本新の3位 3度目で2時間5分50秒

 【シカゴ共同】シカゴ・マラソンが7日、シカゴで行われ、男子は大迫傑(ナイキ)が日本新記録となる2時間5分50秒で3位に入った。従来の記録は2月の東京マラソンで設楽悠太(Honda)がマークした2時間6分11秒。日本男子の表彰台は2004年大会3位の高岡寿成以来で14年ぶり。

 3度目のマラソン挑戦だった大迫は先頭集団の数が絞られてきた30キロ以降も強豪に食らいつき、38キロ付近までトップを争った。2時間5分11秒で走った五輪2大会連続2冠のモハメド・ファラー(英国)が優勝した。

 藤本拓(トヨタ自動車)が2時間7分57秒で8位に入り、鈴木洋平(愛三工業)が12位、川内優輝(埼玉…

この記事は有料記事です。

残り1622文字(全文1913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです