メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

F1 日本GP ハミルトン今季9勝目

優勝したメルセデスのルイス・ハミルトン=三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで2018年10月7日、大西岳彦撮影

 F1世界選手権第17戦、日本グランプリ(GP)は7日、三重・鈴鹿サーキット(1周5・807キロ)で決勝(53周)を行い、ポールポジション(PP)から出たメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が1時間27分17秒062で今季9勝目を挙げた。2位はバルテリ・ボッタス(フィンランド)で、メルセデス勢が2戦連続で1、2位を占めた。トロロッソ・ホンダ勢は7番手スタートのピエール・ガスリー(フランス)が11位、6番手から出たブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)は13位でともに入賞を逃した。

 年間総合王者争いは首位のハミルトンが331ポイントとし、6位でフィニッシュしたフェラーリのセバスチ…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです