メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 第2日 15歳北野、金1号 競泳200自

【アジアパラ大会・競泳】女子200メートル自由形(知的障害S14)で金メダルを獲得し、声援に応える北野安美紗=インドネシア・ジャカルタで2018年10月7日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】ジャカルタ・アジアパラ大会第2日は7日、競技が本格的にスタートし、競泳の女子200メートル自由形(知的障害S14)で、15歳の北野安美紗(ルネサンス登美ケ丘)が2分17秒66で金メダルに輝いた。井上舞美(滋賀友泳会)が2位に入った。男子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)は、山田拓朗(NTTドコモ)が2分26秒35で優勝した。女子200メートル個人メドレー(運動機能障害SM9)の一ノ瀬メイ(近大)は銀メダル。男子400メートル自由形(視覚障害S13)の富田宇宙(日体大大学院)は4位。車いすテニスは女子シングルス1回戦で上地結衣(エイベックス)が地元インドネシア選手にストレート勝ちした。

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  3. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです