特集

社告

毎日新聞社の社告です。

特集一覧

社告

今週のおすすめ紙面 「暴虐の傷痕」イラクは今/おせっかいな公務員/大詰め 大阪万博誘致

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ◆特集

「暴虐の傷痕」イラクは今 13日・土曜日

 過激派組織「イスラム国」(IS)による殺人や拉致などの残虐行為が繰り返されたイラク。毎日新聞と毎日新聞大阪社会事業団による世界子ども救援キャンペーンの取材班は今年、現地を取材しました。荒廃した故郷から逃げ延び、「暴虐の傷痕」を抱えながら、懸命に生きようとしている子どもたちやその家族の姿を、写真やグラフを交えて伝えます。

 ◆ストーリー

おせっかいな公務員 14日・日曜日

 滋賀県野洲市の市民生活相談課長、生水(しょうず)裕美さん(56)は、ひきこもりや単身高齢者など生活困窮者の支援に力を注いでいます。おせっかいを合言葉に、役所の総力を挙げて市民を支えます。もともと専業主婦でしたが、今ではそのノウハウを、国や他の自治体が学ぼうとしています。どんな姿勢で貧困と向き合い、手を差し伸べていったのでしょうか。

 ◆時事ウオッチ

大詰め 大阪万博誘致 14日・日曜日

 大阪府市や日本政府が誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催地が11月23日、パリでの博覧会国際事務局総会で決まります。

 世界各国へのPR活動が大詰めを迎える中、大阪開催への機運が国内で盛り上がらない背景や、開催した場合に成功と言えるための条件などについて、コラム「時事ウオッチ」(第2、第4日曜掲載)を執筆する4氏に語ってもらいます。


 掲載日や内容は変更することがあります。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集