メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官

日朝改善に決意 拉致担当相兼務後、初講演 

菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 菅義偉拉致担当相(官房長官)は8日、川崎市内で開かれた北朝鮮による拉致被害者家族を支援する集会で講演し、2002年に被害者5人が帰国してから進展のない状況について「痛恨の極みであり、大変申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と陳謝した。

 菅氏は、2日発足の第4次安倍改造内閣で拉致担当相を兼務して初の公務。「今が正念場。あらゆるチャンスを逃さない決意で取り組んで行くことを誓う」と述べ、米朝間の進展に合わせて日朝関係改善と拉致問題解決につなげたい考えを示した。

 集会では、横田めぐみさん(54)の母早紀江さん(82)も講演。「米朝の扉が開き、何かが起きる前兆ではないかと少し望みを持っている。菅氏の拉致担当相就任は家族会にとっても大きな喜びで、一刻も早く子供たちを取り戻していただきたい」と求めた。【高橋克哉】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  2. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声
  3. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  4. サッカー日本代表 南野先制 大迫は勝ち越し弾 
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです