メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

返礼率3割超で総務省から名指しに困惑

大山町のふるさと納税の返礼品として送られている米やソバ、調味料など=鳥取県大山町名和で、横井信洋撮影

 ふるさと納税の返礼率が3割を超えているとして鳥取県内の市町村で唯一、大山町が総務省から名指しされている。現在200品目の返礼品のうち米や野菜、梨など農産物を中心に20品目の返礼率が4~5割になっている。3割が法制化される2019年度以降は3割に戻す方針だが、送料の扱いや地場産品の定義などにあいまいな部分もあり、県を通じて総務省に照会している。【横井信洋】

 総務省は「返礼品競争」の過熱を受けて再三、全国の自治体に適正化を要請している。今年9月には、高額な返礼品で寄付を集める自治体名を公表し、制度から除外する方針を打ち出した。返礼品の調達費を寄付額の3割以下に抑え、地場産品に限るよう求める内容だ。一部から「一方的だ」などと反発があり各地で波紋が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原英莉花が優勝 国内メジャー2連勝 女子ゴルフツアーリコー杯

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「これからもよい化学反応を」 高橋大輔の言葉で紡ぐフィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです