メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自・佐世保

護衛艦「あけぼの」 ソマリア沖から帰港

ソマリア沖での活動を終えた護衛艦「あけぼの」の帰港式典=長崎県佐世保市の佐世保港倉島岸壁で2018年10月7日、綿貫洋撮影

 海賊対処の第30次隊としてアフリカ東部ソマリア沖での活動を終えた海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」(4550トン、約200人乗り組み)が7日、長崎県佐世保市の佐世保港に帰港した。

 あけぼのは今年3月末に佐世保港を出港。ソマリア沖アデン湾で4カ月にわたる活動で民間船舶を11回13隻を護衛した。危険な状況…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです