海自・佐世保

護衛艦「あけぼの」 ソマリア沖から帰港

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ソマリア沖での活動を終えた護衛艦「あけぼの」の帰港式典=長崎県佐世保市の佐世保港倉島岸壁で2018年10月7日、綿貫洋撮影
ソマリア沖での活動を終えた護衛艦「あけぼの」の帰港式典=長崎県佐世保市の佐世保港倉島岸壁で2018年10月7日、綿貫洋撮影

 海賊対処の第30次隊としてアフリカ東部ソマリア沖での活動を終えた海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」(4550トン、約200人乗り組み)が7日、長崎県佐世保市の佐世保港に帰港した。

 あけぼのは今年3月末に佐世保港を出港。ソマリア沖アデン湾で4カ月にわたる活動で民間船舶を11回13隻を護衛した。危険な状況…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

あわせて読みたい

ニュース特集