メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工衛星

メード・イン・大分「てんこう」 29日宇宙へ

「てんこう」のモデルを前に打ち上げ成功を誓う関係者。左から石井社長、奥山教授、広瀬知事、神品社長、西嶋社長、本地社長=大分県庁で2018年9月27日、池内敬芳撮影

 大分県内の4社が開発に参加した人工衛星「てんこう」が今月29日、鹿児島県の種子島宇宙センターから飛び立つ。この1年間、手弁当で協力してきた4社関係者は、打ち上げの成功を心から願っている。【池内敬芳】

 九州工業大(北九州市)の奥山圭一教授が進めるプロジェクトで、てんこうは「電離圏」と呼ばれる地上約610キロ付近を周る環境観測衛星。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が29日に打ち上げるH2Aロケットで、別の主衛星に「相乗り」させてもらって宇宙へ向かう。

 てんこうは直径約50センチの球に近い14面体で、重さは23キロ。電離圏では衛星の故障が多く発生して…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです