メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラごみ

「排出」と「漂着」の現場 北陸3県の現状

石川県小松市特産の大麦を使用したストロー(手前)=金沢市十間町で2018年10月2日、日向梓撮影

 プラスチックごみによる海洋汚染が世界的な問題となっている。欧州では使い捨て製品を規制する動きが進み、7月には米コーヒーチェーン大手「スターバックス」がプラスチック製ストローの使用廃止を発表した。日本海に面する北陸3県は、ごみの「排出」と「漂着」の現場でもある。現状や対策の取り組みを取材した。【日向梓】

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1343文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです