運動能力調査

高齢者の体力が向上、働き盛りは低下や停滞

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

特に女性に顕著、仕事+出産や育児で運動離れが原因か

 スポーツ庁は7日、体育の日を前に、2017年度の体力・運動能力調査の結果を公表した。現行方式になって20回目の節目で、子どもと高齢者の体力が向上する一方、働き盛りの30~40代は低下や停滞が続いている。こうした傾向は特に女性に顕著で、専門家は仕事に加えて出産や育児で運動離れが進んだことが要因とみている。

 調査は東京五輪が開かれた1964年度に始まり、98年度に調査項目が変わって現行方式になった。今回は17年5~10月に6~79歳の約6万5000人を調査。握力や反復横跳びなど最大9項目について結果を得点化した。合計点は6~19歳でおおむね向上傾向にあり、70~74歳と75~79歳は男女とも過去最高を更新した。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文912文字)

あわせて読みたい

注目の特集