ボクシング

井上尚が一回KOで初防衛 拳四朗4度目防衛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【WBAバンタム級王座戦】一回、パヤノを攻める井上尚弥(左)=横浜アリーナで2018年10月7日、渡部直樹撮影
【WBAバンタム級王座戦】一回、パヤノを攻める井上尚弥(左)=横浜アリーナで2018年10月7日、渡部直樹撮影

  プロボクシングのトリプル世界タイトルマッチ各12回戦が7日、横浜アリーナであり、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(25)=大橋=が同級4位で元王者のフアンカルロス・パヤノ(34)=ドミニカ共和国=に一回1分10秒KO勝ちし、初防衛に成功した。他団体の世界王者ら8選手で争うワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の1回戦も兼ね、井上尚は準決勝進出…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

あわせて読みたい

注目の特集