メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

綿密に計算 井上尚が圧巻の勝利

【WBAバンタム級王座戦】一回、パヤノにKO勝ちし拳を突き上げる井上尚弥=横浜アリーナで2018年10月7日、渡部直樹撮影

WBAバンタム級王者の井上尚弥とフアンカルロス・パヤノ

 「バンタム級最強」を決めるトーナメントの初陣で、井上尚が圧巻の勝利を収めた。WBAの元スーパー王者を最初のワンツーで沈めると、「手応えもあり、終わったと思った」と涼しい顔で振り返った。

 勝負を決めたコンビネーションは、綿密に計算し尽くされていた。ガードの内側から、えぐるように打った左ジャブで死角を作り、右ストレートを顔面へ。まともに食らったパヤノは大の字に倒れ、勝負は決まった。父親の真吾トレーナーが「尚弥のスピードに反応できなかったのでは」と振り返るほどの鋭い攻めだった。

 1分10秒でのKO勝利は1992年4月にWBAスーパーライト級で平仲明信が、プエルトリコ選手に勝った1分32秒を更新する日本選手の世界戦最短KO勝利記録。そこに、井上尚の強さと速さが凝縮されていた。

 井上尚にとってWBSSは、待ちに待った舞台だった。スーパーフライ級では7度防衛を重ねたものの、「ヒリヒリ、ピリピリする試合をしたかった」。同級での3年間は、他団体の王者との王座統一戦が実現せず、消化不良の日々を送った。WBSSは、熱望していた強豪との対戦を実現できる舞台だった。

 世界的にも注目された一戦で圧倒的な存在感を示し、「世界にも自分をアピールできた」。「怪物」は日本選手にとって未到の頂を目指し、最高のスタートを切った。【飯山太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  5. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです