メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本新の大迫 原動力は「負けず嫌い」と「向上心」

シカゴ・マラソンでスタートする大迫(中央左端)ら先頭集団=2018年10月7日、AP

シカゴ・マラソンで2時間5分50秒の日本新記録

 男子マラソンの日本記録を塗り替えた大迫傑(27)=ナイキ。彼の強さの原動力は、強烈なまでの「負けず嫌い」と「向上心」だ。

 大迫が町田市立金井中(東京)陸上部時代に教わった山口智美教諭は「腰が高い本当に美しい走りをしていた。すごくバネがあった」と振り返る。マラソン界をけん引するアフリカ勢と同様に、つま先から着地し、脚のバネを使って進む走法もこの頃から磨かれた。

 ただ、それ以上に山口教諭の印象に残っているのは、大迫の練習量だ。あまりに走るため、将来を心配して「…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文643文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです