メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞 ムラド氏、名誉と責任感じる 性暴力撲滅「国際社会は努力を」

ノーベル平和賞受賞が決まったナディア・ムラド氏=ワシントンで2018年10月8日、ロイター

 【ワシントン鈴木一生】イラクの宗教的少数派ヤジディー教徒で、過激派組織「イスラム国」(IS)による性暴力の被害体験を訴え今年のノーベル平和賞受賞が決まった女性活動家、ナディア・ムラド氏(25)は8日、米ワシントンで記者会見し、「虐殺や性暴力を終わらせるためには、国際社会のさらなる努力が必要だ」と述べた。受賞決定後の会見は初めて。

 ムラド氏は「受賞はとても名誉だが、同時にとても重い責任を感じている」と話し、性暴力被害者の支援を今…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文723文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです