メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

軍隊は住民を守らない 沖縄戦・牛島司令官の孫・貞満さん、9条改憲の動きに懸念

沖縄戦で米軍の砲撃によって破壊された首里の教会

 「鉄の暴風」という言葉をご存じだろうか。1945年の沖縄戦で、米軍から地形が変わるほどの激しい艦砲射撃や空襲を受けたことをたとえた言葉だ。撃ち込まれた鉄の破片を片手に、全国各地で講演する元小学校教諭の牛島貞満さん(65)は、この沖縄戦を率いた牛島満司令官の孫だ。今、9条改憲の動きに懸念を示す。【小松やしほ】

 「もし戦争が起きたら、軍隊は住民を守ってくれると思いますか」。9月13日、東京都江東区で行われた沖縄戦についての学習会。都内在住の牛島さんが問いかけると、約50人の参加者は固唾(かたず)をのんで次の言葉を待った。「軍隊は住民を守らない。これが私の出した結論です」。元教師らしく、はきはきとした口調。どうしてこの結論に至ったのだろう。その経緯を知りたいと思った。

この記事は有料記事です。

残り2293文字(全文2629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです