メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

俳優 加藤健一の「審判」 不可能はない 自信の源

俳優・加藤健一=宮本明登撮影

 上演作品の選定からキャスティング、演出、照明、音響、美術、衣装など全てを自らプロデュースする「加藤健一事務所」(東京)を設立したのは1980年。以来約40年、120以上の作品を世に送り出してきた。

 「上演作品を決めるために、年間100本以上、多いときは200本くらい戯曲を読み込みます。その中でこれはと思ったものを、3本くらい上演しています」

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです