メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米歌手テイラーさん

民主支持表明 ファンに投票呼びかけ

米歌手、テイラー・スウィフトさん=AP

 【ロサンゼルス長野宏美】米国の人気女性歌手、テイラー・スウィフトさん(28)が7日、11月の米中間選挙で民主党候補に投票すると表明した。共和党のトランプ政権下で差別が広がることを懸念したとみられる。政治と距離を置くことで知られていたが、ファンにも選挙に行くよう呼びかけ、「政治的な沈黙を破った」と話題になっている。

 1億人以上のフォロワーがいる自身の写真共有アプリ「インスタグラム」で「この2年間、私や世界に起きた出来事で意識が大きく変わった」と沈黙を破った理由を明かし、「肌の色やジェンダー、誰を愛するかに関わらず、すべての米国人のために闘ってくれない人には投票しない」と強調。共和党が強い地元の南部テネシー州から出る同党の女性上院議員候補について「男女の同一賃金に反対し、ゲイカップルには結婚の権利がないと信じている」と批判し、上下院とも民主党候補に投票することを明言した。投稿には1日で150万件を超える「いいね」が集まった一方で、「億万長者が勤勉な州民に指図している」などの批判も寄せられている。

 米国では2016年の大統領選で歌手のレディー・ガガさんら多くのスターが民主党候補のヒラリー・クリントン氏を支持したが、スウィフトさんは政治的発言を避けてきた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
  4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです