メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神経剤襲撃

容疑者2人目はロシア軍医 英調査サイト報道

 英南部で3月にロシア軍参謀本部情報総局(GRU)元大佐らが神経剤で襲撃された事件で、英調査報道サイトのベリングキャットは8日、英当局が容疑者と特定したロシア人の男2人のうち2人目はGRU軍医と特定したと報じた。同サイトは9月下旬、容疑者の男2人のうち1人はGRU大佐と報じていた。

     同サイトが軍医と報じた男はアレクサンドル・ペトロフ容疑者。本名はアレクサンドル・ミシキン(39)で、ロシア海軍の軍医を経て2010年までにGRUへ入局した。親ロシア住民がモルドバからの分離独立を一方的に宣言した「ドニエストル共和国」などで活動していたという。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
    3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
    4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
    5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです