メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

「名誉と責任感じる」…ムラド氏会見

 【ワシントン鈴木一生】イラクの宗教的少数派ヤジディー教徒で、過激派組織「イスラム国」(IS)による性暴力の被害体験を訴え今年のノーベル平和賞受賞が決まった女性活動家、ナディア・ムラド氏(25)は8日、米ワシントンで記者会見し、「虐殺や性暴力を終わらせるためには、国際社会のさらなる努力が必要だ」と述べた。受賞決定後の会見は初めて。

 ムラド氏は「受賞はとても名誉だが、同時にとても重い責任を感じている」と話し、性暴力被害者の支援を今…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです