メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美術

紙わざ大賞に陶山岳志さん「霜柱」

大賞に選ばれた「霜柱」=長泉町本宿の特種東海製紙施設で、2018年10月9日午後1時46分、石川宏撮影

 紙を素材にした自由な発想の作品を募る「紙わざ大賞」の審査が9日、静岡県長泉町の特種東海製紙の資料館Pamで開かれた。今回で28回目。全国から集まった平面や立体の460作品から、神奈川県の大学職員、陶山岳志さん(24)の「霜柱」が大賞に選ばれた。

 紙で作った白い霜柱が本物の小石を支える外見の作品。審査委員長で東京芸術大美術学部長の日比野克彦さんは「軽やかな紙と重そうな石、白とグレー、直線と丸というコ…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです